News for 10月 2014

製造管理を整えて会社をまとめる

製造工場では部品や商品の製造が主な業務になります。会社の規模によって工場の大きさは変わり、製造システムにも違いが出てきます。
製造の部署によって様々なデータが生まれます。
そのデータを全てまとめて管理することで、製造ラインの管理をより簡単にすることができるようになります。それぞれの部署の垣根を越えて情報がスムーズに行きわたり、製造工程も一元的に管理することができます。

製造工程は分断されていては問題に気付きにくくなり、品質の管理もやりにくくなります。
トラブルが発生してもその原因が部署内になかった時に製造管理がしっかりとできていると問題の発見から対処まで適切に行うことができます。
今までは見えていなかった製造という物の実態を把握しやすくなるのです。品質だけでなく、コストの削減や納期の短縮といったことまで製造管理が整うと行うことができるのです。

会社の規模に関わらず製造管理の整っている企業はそれだけ無駄な工程を省いて、効率的な生産が行えるようになります。
部署の違いは価値観の違いを生みそのために足並みがそろわなかったなんて企業もありますが、製造管理を整えれば価値観の統一もできるようになり、会社として進むべき方向に迷いが無くなります。

Edited: 10月 20th, 2014